クレジットカードにおける盗難保険、紛失盗難保険

皆さんはもうすでに快適なクレジットカードライフをお過ごしかと思います。その便利なツールに対して少し不安なことでお悩みのこともあるだろうと察します。例えばカードを落とし盗まれやしないか、カードの情報、主にカード番号を誰か他の人に見られてしまい使われやしないかなど、たくさんあってきりがないかもしれません。もしかするとその不安要素が原因でクレジットカードの利用をためらっているかたがいらっしゃるかもしれません。
しかしクレジットカードはその不安要素を取り除いてくれる制度が存在します。それは盗難保険という制度です。これはクレジットカードを落としたり、もしくは盗まれてクレジットカードを悪用する人たちに渡り、不正に利用された場合に損害を受けた金額を保証してくれる制度です。これはクレジットカードを利用するうえで本当に弱点を補ってくれるありがたく、安心できる制度だと思います。それにこの保険そのものも、どのクレジットカードにもついているものなのでさらに安心できると思います。しかし他の保険の制度、例えば自動車保険は対人賠償保険に関しては本人その家族、配偶者やその子供、同居の親族は適用されない。とか医療保険にいたってはこのタイプの保険だと日帰り入院は適用されるけど一回の入院につき60日分までしか払えませんよ。とか結構ややこしい感じになっているんじゃないの、と質問があげられるかもしれません。しかしクレジットカードにおける盗難保険の適応条件はとてもシンプルなものになっているのです。
クレジットカード会社によって少し差異はありますが不正利用の発見のその日からさかのぼって60日以内のものであれば保険適用となるこれだけです。ということはもっと深く理解をしていくと60日と定まっている、ということはそれより前の不正利用については保険の適用とはならないということです。まれに60日以上のケーズでも保険の適用となった事例もありますが、その危険性をしっかりとふまえて毎月の利用明細書の確認を怠らないでいただきたいと思います。