クレジットカードの盗難保険ってどうやって適用されるんだっけ?

クレジットカードって便利だけどなくしたりカードの情報が盗まれたり、特に番号なんかを見られてつかわれたりしたら大変だ。そういうクレジットカードの危険性に対処してくれるのがこの盗難保険ですが、皆さんはどのようにしてこれが適用されるか知っていますか。それ以前にこの盗難保険自体を知らなかった、なんて人もいらっしゃるのではないでしょうか。このようにお金に関わる大切なことなので、しっかり押さえておく必要もございますのでぜひこの機会に考えてみてください。
まず皆さんはクレジットカードを申し込む際にすでに盗難保険は加入済みですので他の保険と違って面倒ではありません。そして肝心なところがどうやって適用されるかです。それはクレジットカードを落としてしまった場合、カードを盗まれてしまった場合、個人情報が流出しクレジットカード番号が他の人にばれてしまった場合、最近よく耳にするスキミングやフィッシング詐欺などでクレジットカード番号だけが盗まれてしまった場合、あらゆるクレジットカード犯罪に巻き込まれてしまった場合。しかしこれにはちょっとした落とし穴のようなものがあってこれらの不正利用が発覚した日からさかのぼって60日以内でなければ適用外となってしまいます。つまりは60日よりも前の不正な利用が発覚しても保険の適用外となってしまうということ。たまに話を聞いた限りではでは60日以前でも保険の対象となったということも聞きますが、保険の適用にならないという危険性をしっかりと考慮して未然に防ぎましょう。
方法はシンプルなものです。毎月の利用明細書を確認するのです。そこから使った記憶のないもの使ったかどうかのわからないものは、ちゃんと契約しているクレジットカード会社へ連絡をするということです。この60日という期限に裏付けされていることそれは、あまり保険があるからといってそれに頼りっきりではだめですよという訴えかけなのかもしれない。日々からしっかりとお金は管理して、心がけるようにしなければ今後は危険にされされていても気づかないようになってしまう。

none